スペシャルソープ(クロレラソープ)誕生秘話

玉樹の一番の人気商品、スペシャルソープ。今回は、その誕生秘話をご紹介いたします。

弊社会長 森田寛子が、財団の理事をしていた時代クロレラの博士であられる中村博博士とクロレラ工場に視察に行った時、工場で働く女性の顔や手や足がとてもキレイでした。昔のクロレラ培養工場は、ため池のような所に水を張りその中にクロレラの種を入れて培養していました。視察しているとその女性たちは、その中に入り培養水をかき混ぜていました。

クロレラの培養水に浸かっている手、足、そして暑いとつい培養水で顔を洗ってしまう顔が、とても白くてキレイでした。

森田は、広島で二次被爆しています。クロレラと出会う以前、皮膚はアトピー性皮膚炎のようにリンパ液が出る状態でした。そこで、クロレラの培養水をもらって帰り皮膚に塗ってみることにしたのです。すると、炎症が治まり皮膚がキレイになってきました。但し培養水は腐敗が早く、長く保存することができません。考え抜いた結果、このクロレラを素材に石けんを造ることを思いつきました。

肌の弱い森田は、低刺激で、洗い上がりがマイルドでツッパリ感の無い石けんを造りたいと考えました。「低刺激」を実現するために、石けんの原料になる苛性ソーダを90日間かけて抜き、「マイルドなツッパリ感の無い洗い上がり」を実現するために、皮脂と同質のスクワランオイルを入れました。もちろん、クロレラ自体が「イギリスの微生物試験場で優良を認められた種」を完全無菌培養で育てた高い品質だからこそ、玉樹のスペシャルソープは完成したのです。

弊社会長 森田が、自身の悩みだった「肌をキレイにしたい」と思う一心で、造り出したソープです。

スペシャルソープ スペシャルE 

関連記事

ページ上部へ戻る