冷え性の改善は、血流の改善から

冬になると、手や足が冷えて眠れない方が多くなります。冷え性は、血流が悪く身体の末端まで血液が循環しないために起こります。冷え性を改善するために、食べ物や入浴方法、マッサージ等には多くの人が意識を向けます。しかし冷え性の根本の原因は血流が悪いことです。血液をサラサラにし血管のお掃除をして血流を良くすることからも、冷え性の対策を図りましょう。

では、血液をサラサラにするには何を摂れば良いのでしょうか。それは「レシチン」と「ビタミンE」です。レシチンは脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の一つで、大豆や大豆を原料とした食品である納豆や豆腐に含まれています。血管のお掃除に役立つとされていますが、食事から効率よく摂ることは難しいと言われています。ビタミンEはナッツ類に多く含まれ、一般的に抗酸化に効果があるとされています。レシチンとビタミンEを一緒に摂ることにより、血管壁のお掃除をレシチンが、血液サラサラにビタミンEがしてくれるのです。これにより、身体の内側から冷え性を改善し心地よく眠れます。これからが寒さの本番、身体のケアをしてこの冬を乗り切りましょう。

玉樹のヘルシーフードでこの栄養素が摂れるのは、「レシチン」と「ウィートジャームオイル」。合わせて摂って頂くことをお勧めしています。

レシチン

レシチン

ウィートジャームオイル

ウィートジャームオイル

関連記事

ページ上部へ戻る